一級建築士製図試験用語集

一級建築士設計製図試験について基礎知識とその用語を解説します。

屋外施設とその他の施設の違いと考え方

f:id:seizushiken:20190307205819j:plain

駐車場はどこまで床面積に入るのか。


皆さんは「屋外施設」と「その他の施設」の違いがわかりますか?

製図試験は、外部空間は「屋外施設」として出題されてきました。

その際、ピロティとか建築物の下部に当たる部分は、屋外施設の対象外としてきた経緯があります。つまり、ピロティ下部は、屋外施設面積に含めない、というものです。

 

ところが平成21年の試験制度改正時に、こっそり「屋外施設」の記述がなくなり、変わって「その他の施設」となりました。

 

□その他の施設は、ピロティ下部も含む

その「その他の施設」ですが、ピロティ下部の面積も屋外施設面積にカウントすることになりました。そもそもピロティを屋外施設面積としてカウントできないような考え方も実務から言うと試験用のローカルルールなんです。

なので、より実務に近いような面積計算ということで考え出されたであろうものがこの「その他の施設」です。

 

□それがまたこっそりh29から「屋外施設」に変更になった。

誰の物言いがついたのかもわかりませんが、それがh29からまた「屋外施設」となり、「この課題の床面積の算定においては、ピロティ、塔屋、バルコニー及び屋外階
段は、床面積に算入しないものとする。なお、ピロティ等を屋内的用途に供す
るもの(娯楽スペース、設備スペース、駐車場等)については、床面積に算入す
るものとする。」となりました。

 

□入ってんの、入ってないの?

つまりピロティについては、屋内的用途で使う場合のみ、建築の床面積にいれなさい。となり、屋内的用途としては、娯楽スペース、設備スペース、駐車場など、があげられています。

では、駐車場面積とかどこなのか。

1)2.5mx5.0の駐車スペースのみ

2)ピロティとして使われている駐車場スパン(7mx7m)まで

3)ピロティ部分となっている駐車場車道までを含む

さて、どれでしょう。


さらに建築基準法施行令 第1章 総則 

(用語の定義)第2条

「四 延べ面積 建築物の各階の床面積の合計による。ただし、法第52条第1項に規定する延べ面積(建築物の容積率の最低限度に関する規制に係る当該容積率の算定の基礎となる延べ面積を除く。)には、次に掲げる建築物の部分の床面積を算入しない。

イ 自動車車庫その他専ら自動車又は自転車の停留又は駐車のための施設(誘導車路、操作場所及び乗降場を含む。)の用途に供する部分(第3項第一号及び第137条の8において「自動車車庫等部分」という。) 

※駐車場、駐輪場の緩和:法第52条(容積率)などの計算に用いる延べ面積の算定の場合、駐車場、駐輪場等の施設の床面積は、延べ面積(敷地内に2以上の建築物がある場合は各建築物の床面積の合計)の1/5を限度として算入しない。

とあります。

 

うーん。そしてh30。これは又続けます。

空間構成とは

f:id:seizushiken:20190302175035j:plain


製図試験における空間構成とは何を求められるのでしょう。

建築設計のプロは常識的に行なっていることなので、言葉で説明しようとすると意外と難しいと思います。

 

◼︎まず内部空間構成

エントランスホールや廊下部分がまっすぐ通っていること、死角が少ないこと、それによる配置バランスがとられていることと読み替えてください。

まぁ新築でそんな建物もありませんけどね。

 

◼︎続いて外部空間構成

内部空間構成を主体的に考えると建物の外形が凹凸だらけになってしまう計画は意外と多いものです。建物の凹凸が多い方が雁行していて一見かっこいいんですが、計画的に狙った雁行ならともかく単にガタガタになっていたりしてませんか? 世の中にそういう下手な建物はあまりないんです。

また省エネやメンテから考えても余りオススメできる構成ではありませんよね。

また広場などの屋外施設との関係性やバランスもこの外部空間構成に含まれています。

 

◼︎両者のバランス

最終的な計画として、内部空間構成、外部空間構成のバランスが取れていること

と考えてもらえばよいかと思います。

 

そして共に利用者が使いやすいこと、そして管理者が管理しやすいこと、この視点に立って判断できる必要があります。

「建築的常識」について

f:id:seizushiken:20190214222714j:plain

■建築に携わる者の共通言語となるべき基礎知識

製図試験でよく話題になるのが「建築的常識」です。

そもそも建築に携わる者として当然知っておくべき常識をさすようなのですが、既に建築そのものが多岐に渡っており、設備屋さん、構造屋さん、設計事務所、ゼネコン、など立場によって、その「常識」は全く異なります

その上で、建築的常識とは、立場が違っていたとしても、建築物を設計施工していく上で共通言語となるべき基礎知識だと考えるべきでしょう。

つまり設計者・施工者等立場が違っていても「それはそうだよね~」と言える概念が「建築的常識」だと言えます。

■製図試験ではどの程度をイメージすればよいのか

とは言っても、実務での建築的常識と、製図試験における建築的常識には、大きな隔たりがあります。例えば設備では日本のトップクラスの仕事をしている方が、受験生になると、製図試験の建築的常識がわからない!なんてことがよくあります。この「建築的常識」が欠けていると、標準的な答案プランが描けないことが多いと感じていますが、製図試験comでも、この「建築的常識」をお教えすることについては、かなり苦心しています。

現時点での私たちの結論は「一般の人が普通に考える建築物のあり方をもって建築的常識とする」です。

■一般の人が普通に考える建築物のあり方とは?

では、この「一般の人が普通に考える建築物のあり方」とはどのようなものなのでしょうか。読んで字のごとくなのですが、実はこれを伝えるのは非常に難しいと感じています。事例を出していきましょう。

  • 敷地に対して建築物の主出入口がわかりやすい位置にあること。
    (わかりにくい位置にあるのは非常識)
  • 敷地境界からの距離が適正であること
    (極端にあいていたり、狭かったりするのは非常識)
  • 駐車場、駐輪場は、主出入口の近くの位置にあること
    (離れているのは非常識)
  • エントランスホールは広々として気持ちがいいこと。
    (狭くて、変な形のエントランスホールは非常識)
  • 管理部門はまとめられていて一般の人の動線と分けられていること
    動線が混ざる計画は非常識)
  • 各部門の動線及びゾーニングがわかりやすいこと
    (わかりにくい部門ゾーニング動線は非常識)
  • 新築なので、廊下のクランクは最小限とすること
    (廊下がクネクネしている新築建物ってないですよね)
  • 建築物の形状ができるだけ整形であること
    (ガタガタな建築物は非常識)

とこんな感じです。全く建築を知らない一般の人でも納得いくような内容ですよね。何の奇のてらいもなく「普通、こう考える」であろう感覚こそが、製図試験における「建築的常識」だと言えるでしょう。また「こうだと気持ちがいいよね」という感覚に近いかもしれません。

■この「建築的常識」を身につけるには

試験勉強的なノウハウはありません。ただ常に現況の建築物を意識して見ることです。現存している建築物のほとんどは、この建築的常識に照らし合わせてみれば、ごくごくその範囲内の計画となっています。

そういう現況の建築物を建築的常識という観点で眺めていくと、
「あれ、このアプローチは下手」
「せせこましいエントランスホールだ!」
「使いにくい駐車場。」
「主出入口から遠すぎる駐輪場」
「わかりにくくて使いにくい部門配置」
「死角の多い廊下」なんてのを発見します。

その時、あなたが設計担当者ならどう設計していたのか。

常にそういう視点を持つことで「建築的常識」は身についていくと考えています。

■認識なしに計画なし。

世の中の一般の方が観ている「建築」の使い勝手や計画について、普段から興味がないと考えられます。どれだけ仕事ができたとしても、この製図試験での「建築的常識」はクリアしておきたいものです。

この「建築的常識」の感覚の認識と理解ができていたとしても、即プランニングに反映できるとは限りません。でも認識のないところに計画はあり得ません。

3次元の建築空間での体験がベースになりますが、図面を観たときにも同じように、ありえる、あり得ないの判断ができることが次のステップとなります。

 

 製図試験の建築的常識には「ステップで攻略するエスキース

ステップで攻略するエスキース – 製図試験.comSTORE

 

 

 

製図試験に役立つ学科範囲について

f:id:seizushiken:20190122011003j:plain

 

gakkashiken.com で、製図試験に役立つ学科試験の範囲とその考え方について、ちょっと書きました。製図試験と学科試験勉強は非常に似通っている部分と全く関連性のない(相互補完的な関係とも言える)があるんです。

そのあたりをメリハリ付けて学んだ方がいいかなと思って書いてみました。

まあ、学科試験勉強をやっている時はそんな余裕はないかもしれませんが、ストレート合格をめざす場合、学科試験勉強の一部が製図試験勉強につながっていると思えることは重要です。


gakkashiken.com

建築物は身体系をイメージしよう。

f:id:seizushiken:20190117091945j:plain


一級建築士製図試験で、最後にPS(パイプスペース)を描き忘れたり、間違えたりする方が多いのですが、身体をイメージすると抜けがなくなると考えています。

建築物 :身体系

構造  :骨格

呼吸器系:空調系

循環器系:電気系

消化器系:給排水系

 

答案を描き終えた段階で、骨格よし!呼吸器系よし!循環器系よし!消化器系よし!
とこの4つをチェックすることで抜けがなくなります。

 

 

動線とは

f:id:seizushiken:20190110095138p:plain


製図試験における動線とは、人や物が「動く線=経路」のことを言います。

動線を大別すると、利用者用、管理者用、に分けられます。

動線は、機能そのものですから「①短い方が便利」ということになります。また「②異なる動線は混ぜないでできるだけ分ける」というのが計画の際の大原則になります。

製図試験では、この①②があればほぼプランニングの原則として使えるほど基本的かつ重要な概念となっています。

さらに利用者、管理者、人、物、の内容によって、細分化されていきます。それについては、また別項で解説します。

今後書こうと思っている内容一覧

f:id:seizushiken:20190105200315p:plain

 


記事のご要望がございましたら、コメントで追加してください。

 

建築計画

動線ゾーニング、コア、プランニング、スケルトン、建築計画5原則、アプローチ、日照と採光、バリアフリー法、避難と階段の種類、建築物の大きさ、エスキースステップ、細分化、反復練習、オンスケール、

構造計画

スパン、基礎、部材サイズ、構造ルール

設備計画

電気:EPS、キュービクル

空調:単一ダクト方式、空冷ヒートポンプ方式、チラー、AHS、DS、空調用PS、全熱交換器、外調機、FD付換気扇

給排水:給水方式、PS、受水槽、

作図

シャーペン、消しゴム、字消し板、刷毛、テープ、定規、三スケ、電卓、製図板、フリーハンド、練習方法

 

【理解しにくい“単語”として】

  ・建築常識(ってどこまで)

  ・空間構成(って具体的には何を言うの?)

  ・ゾーニング(ってどこまでがマストなの?)

  ・計画の要点(の重要性)

 

【用語】

  ・歩車分離

  ・メインアプローチ

  ・バリフリ階段・エレベータ

  ・パッシブデザイン

  ・自然採光と日照の違い

  ・プレストレストコンクリート

  ・DS、EPS、PS の違い(それぞれでも可能)

  ・べた基礎

  ・地下水位

  ・特定防火設備

  ・面積区画

  ・竪穴区画

  ・二重壁

  ・二重床

  ・ドライエリア

  ・車寄せ

 

【試験用語】

  ・H21年度試験改革

  ・基準階型

  ・商業系と公共系 

  ・複合施設

  ・“~してもよい”

  ・“一体的に利用する”

  ・H17年度試験(ランク4続出)

  ・H29年度試験(結果として、ワンイシュー課題となった試験)

  ・所要室面積 ±10%ルール

  ・植栽の必要性と危険性(避難や点検が出来なくなる)

  ・梁伏図(ってどこへ行った)