一級建築士製図試験用語集

一級建築士設計製図試験について基礎知識とその用語を解説します。

動線とは

製図試験における動線とは、人や物を「動かす線=経路」のことを言います。

動線を大別すると、利用者用、管理者用、に分けられます。

動線は、機能そのものですから「①短い方が便利」ということになります。また「②異なる動線は混ぜないでできるだけ分ける」というのが計画の際の大原則になります。

製図試験では、この①②があればほぼプランニングの原則として使えるほど基本的かつ重要な概念となっています。

さらに利用者、管理者、人、物、の内容によって、細分化されていきます。それについては、また別項で解説します。