一級建築士製図試験一問一答

一級建築士設計製図試験について不明な点をお答えします。

製図試験の資格学校が出題するの課題の多さについていけません。

Q:資格学校の課題の多さについていけません。製図試験comでは、復習中心の学習スタイルと聞いたことがあるのですが、意味がわからないです。どうしたらいいのでしょうか。

 

A:本試験は年1回です。資格学校の課題は練習試合です。では、基礎練習は? 弱点補強は? ドリブルもシュートもできないけど、練習試合で強くなれると思いますか?

練習試合はとても大切なのですが、それは自分自身の力を試しつつ、実戦体験をする以上ではありません。しかも多くの方が、練習試合をする(問題を解く)、負ける(解けない)、自信がつかない、できないトラウマを持ち続ける、練習試合をするループ、のまま本試験会場に臨みます。これでは受かる方も受からない練習をしているようなものです。

まず、本試験レベルを知るべきです。本試験は、高校サッカーでいうと地方予選3回戦程度のイメージでしょうか。それともワールドカップとか国際試合レベルでしょうか。

あなたにそのレベル設定ができないということであれば、全く見えていないわけですから、練習試合をするレベルでもないわけです。

もう一度、球拾いやランニングから、そしてドリブルといった練習が不可欠なのです。

 

では逆にあなたに問います。あなたの製図試験勉強にとって、球拾いやランニングから、そしてドリブルといった練習は、何に当たりますか? 製図試験comが

コメントもしくはメールをいただければお答えします。

 

■製図試験com http://seizushiken.com/ guchi@seizushiken.com

■〒554-0012 大阪市此花区西九条2-7-8田丸ビル3階 06-7181-3701

 

PS:4月からの年間カレンダー作りました。こんなのがモチベーションには重要ですよね。

f:id:seizushiken:20170403052816j:plain